スマートフォンは私たちの生活をどう変えたのか?【2016年版 前編】

株式会社ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp (マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『スマートフォンとライフスタイルに関する調査結果』の【2016年版 前編】を発表します。

~スマホ利用前と比べ、3割以上が「紙のチケットを利用しなくなった」~

本調査は、スマートフォンを所有する10~50代の男女522名を対象にしています。
また、集計データとしてまとめた全34ページの調査結果レポートを、「Marketing Research Camp」の自主調査レポートページから、無料でダウンロード提供します。

調査結果の概要

  • 約半数が、スマートフォンを利用するようになって「テレビの視聴時間が減った
    スマートフォンを利用するようになる前と比べて、視聴時間が減ったメディアは「パソコン」と回答する人が最も多く(52.3%)、次いで「雑誌」(50.6%)、「テレビ」(48.5%)でした。
    年代別に見てみると、スマートフォン利用前と比べて、「テレビ」の視聴時間が減ったと答えた人の割合が最も高かったのは10代でした(59.2%)。
    「雑誌」と「パソコン」を挙げる人の割合が最も多かったのは50代で、それぞれ67.6%と57.1%でした。
  • スマートフォン利用前と比べ、3割以上が「紙のチケットを利用しなくなった
    スマートフォンを利用する前と比べて、31.0%の人が「紙のチケットを利用する機会が減った」、43.8%の人が「電話で宿泊などの予約をする機会が減った」、29.1%が「旅行代理店などの店舗で相談する機会が減った」と回答しました。
  • 40代の6割近くが「一眼レフなどのカメラで撮影をしなくなった
    スマートフォンを利用してから、デジタルカメラや一眼レフなどの「カメラ機器で写真撮影をする機会が減った」と認識している人の割合は48.8%でした。
    年代別で見ると、40代は、56.8%の人がそのように感じていました。
  • 10代は、スマートフォンを使うようになって「リアル店舗でのショッピング機会が増えた
    スマートフォンを利用するようになって、31.3%の人が「リアル店舗でのショッピングの機会が減った」と答え、「増えた」と回答した人は15.3%にとどまりました。
    しかし、10代だけはスマートフォンを使うようになってから「リアル店舗でのショッピング機会が増えた」人(33.1%)の方が、「減った」人(17.5%)よりも多いということがわかりました。
  • 30代の3割が、スマートフォンを利用するようになって「銀行の窓口に行かなくなった
    スマートフォンを利用する前と比べて、「銀行の窓口に行く機会が減った」人は23.6%でした。
    年代別で見ると、50代が最も割合が高く(30.5%)、次いで30代(29.4%)、40代(24.3%)でした。

※「減った」は、いずれも「すごく減った」「あきらかに減った」「少し減った」の合計。
※「増えた」は、いずれも「すごく増えた」「あきらかに増えた」「少し増えた」の合計。

調査の実施概要

調査名 『スマートフォンとライフスタイルに関する実態調査』
調査期間 2016年4月20日(水) ~ 25日(月)
調査対象 スマートフォンを所有する10~50代の男女522名
質問項目
  • スマートフォンを利用する前と比較したメディア視聴状況を教えてください。
  • スマートフォンを利用する前と比較した広告接触状況を教えてください。
  • スマートフォンを利用する前と比較したニュース閲覧方法の変化について教えてください。
  • スマートフォンを利用する前と比較した求人情報の閲覧方法について教えてください。
  • スマートフォンを利用する前と比較した住宅情報の閲覧方法について教えてください。
  • スマートフォンを利用する前と比較した飲食店情報の閲覧方法について教えてください。
  • スマートフォンを利用する前と比較した写真撮影や加工の方法について教えてください。
  • スマートフォンを利用する前と比較したショッピング方法の変化について教えてください。
  • スマートフォンを利用する前と比較したお金に関する行動の変化について教えてください。

出典:Marketing Research Camp (株式会社ジャストシステム)