いつか乗ってみたい!「憧れの観光列車」を旅のプロが徹底調査

株式会社リクルートライフスタイルが企画・編集を行う旅行情報誌『じゃらん』は、日本初のクルーズトレインななつ星 in 九州、北海道新幹線、北陸新幹線など、話題を集めた列車を含む「いつか乗ってみたい憧れの観光列車」を調査しました。

気候もよくおでかけ気分が盛り上がる季節。
この機会に憧れていた観光列車に乗って夢体験してみてはいかがでしょうか?
旅のプロ『じゃらん』が、「女子旅」(20~34歳の女子)、「ファミリー」(小学生以下同居1人以上の30代)、「シニア」(50~79歳)の各部門で徹底調査。
30の列車から、憧れの列車を5つ選ぶアンケート形式で質問を行い、人気の列車と、その列車が選ばれた理由を探りました。



旬のフルーツのスイーツ列車など、食と雰囲気を楽しむ列車が上位に。

新しくできた新幹線、一度は乗りたい」「北海道が好きだから」で1位に選ばれたのは、2016年3月開業の北海道新幹線(①)。
東京~北海道間で最速4時間2分を実現し、青函トンネルを走り抜ける待望の新幹線です。

カフェ、そしてフルーツ。女の子が好きな物が集まっていて、興味がわく」などの声で、2位に選ばれたのは“走るカフェ”をコンセプトにしたフルーティアふくしま(②)。
シックな車両に広がるカフェカウンターやテーブル付きボックスシートで、福島県産フルーツを使ったオリジナルスイーツが楽しめます。


3位のJR KYUSHU SWEET TRAIN「或る列車」は、明治末期にアメリカに発注された豪華列車を再現(③)。
かつて実用に至らなかった列車の物語と有名シェフプロデュースのスイーツが注目を集め、「豪華列車でスイーツ女子会は楽しそう」といった声が寄せられました。

4位は2階建てのカフェ車両と、リラクゼーション機能付きの本革シートが人気の観光特急しまかぜ(④)。
2階建ての電車も乗ってみたい。」「カフェ車両がおしゃれ。リラクゼーションのシートにも座ってみたい」といった回答が寄せられました。

京の山並みと食事が楽しそう」「落ち着けそうだから」で5位にランクインしたのは、丹後くろまつ号(⑤)。
「松」をテーマにしたお洒落で居心地よい車内で、「FOOD EXPERIENCE」をテーマに、沿線地域の食と魅力を体感できます。



人気キャラや動物モチーフの列車、話題の新幹線がランクイン。

2015年3月開業の北海道新幹線が1位にランクイン。
一方で開業1周年を迎えた北陸新幹線は、「話題の北陸新幹線にまだ乗ったことがないから」「金沢に行ってみたいから」などの理由で4位に選ばれました。

2位は、日本有数の深さを誇るV字峡谷を縫うように走る黒部峡谷トロッコ電車(⑥)。

大自然に包まれたトロッコ電車に、「大人が一度行きたい場所」「黒部峡谷を実際に見てみたいから」「峡谷や岩壁のスリルに子供が喜びそう」といった声が寄せられました。

「子供がアンパンマンが大好きだから一度は乗ってみたい」と3位に選ばれたアンパンマン列車(⑦)は、アンパンマンの世界をイラストで表現。

四国全体でさまざまなアンパンマン列車が運行し、初の電車である予讃線8000系には、カラフルな虹色のアンパンマンシートが用意されています。

人気動物園ゆかりの動物たちが描かれた旭山動物園号(⑧)は、5位にランクイン。
どうぶつの顔つきカバーのシートや遊び場が楽しい列車は、「子供も動物が大好きだから」「色んな動物に興味が持てそうだから」と注目を集めました。



日本初の豪華クルーズトレイン、豊かな眺望を望む列車が人気。

シニア部門回答者の6割近くに選ばれたのは、1位のななつ星 in 九州(⑨)。
いわゆる観光列車とは一線を画し、和洋・新旧融合の国内最上級とされる空間、九州の美食と車窓、九州を代表する観光地周遊が楽しめます。
以前になかった豪華列車。一度は機会があれば乗車したい」「なかなか予約が取れない。何とかしてチケットを欲しい」と圧倒的な支持を集めました。


3位の北陸新幹線は「北陸に短時間で行けるので」「金沢ならではの文化が生かされているので興味が湧く」などの理由でランクイン。

湯布院には列車の旅が似合う」と4位に選ばれたのは、特急 ゆふいんの森(⑩)。
クラシカルな雰囲気と床面の高さが魅力です。

5位の富良野・美瑛ノロッコ号(⑪)は、大きな窓から北国のラベンダー畑や丘を一望。
花畑の中を走るのは夢みたいだから」といった声が寄せられました。

ベスト5は逃したものの、6位に保津峡の四季の渓谷美を楽しむ嵯峨野トロッコ列車(⑫)がランクイン。
京都の紅葉の時に是非乗りたい」と時期を指定する声が多く集まりました。

出典:株式会社リクルートライフスタイル