恋愛結婚学研究所による未婚女性のクリスマス意識調査結果

株式会社BLUEBIRDは、20~30代女性向け、婚活/恋愛に勝つための情報サイト『愛カツ(あいかつ)』を訪問する未婚女性ユーザーを対象に、恋愛結婚学研究所と共同で、クリスマスに関する意識調査を実施しました。

調査結果サマリー

クリスマスだけはどんな男でもいいから一緒にいたい!
プレゼントは50万円以上がいい!

【独身女性限定】①現在の恋愛状況とクリスマスに向けて

現在の恋人の有無とクリスマスに向けて恋人がほしいかどうか、を確認しました。
「現在恋人がいる」(「現在恋人がいる」と「現在恋人はいるが恋活はしている」の合計)は269人(45%)
「現在恋人はいない」は331人(55%)となりました。

「現在恋人がいる」人でも、45%にあたる122人が「恋活をしている」状況から、クリスマスに向けて、よりよい相手を探したいという意向を持っている人が多いと予想されます。


「恋人はいない」と回答した人のなかで「クリスマスまでに恋人がほしい」人は101人(「現在恋人はいない」と回答した中で31%)、「クリスマスまでに恋人ができることを諦めている」が111人(33%)、「クリスマスまでに恋人はできなくてもいい」は119人(同36%)となりました。
恋人がいない人も、「恋人がほしい」「(欲しいけれど)諦めている」が64%となり、クリスマスを一緒に過ごす恋人を探していることがわかります。

2016年11月1日〜2016年11月29日までの29日間の調査、600人が回答

【独身女性限定】②もしクリスマスの夜に男性から誘われたら

どういうレベルの男性だったら、一緒に夜を過ごせるか、という質問で、「クリスマスの夜の特別感」を調査したところ、「レベル1:どんな男性でもOK」の回答が最多の328人(55%)となりました。


この結果からは、クリスマスの夜は特別なものと感じており、「できる限り、一人では過ごしたくない」という意図が読み取れます。
その背景としては、「一人で過ごすのはさみしい」「一人で過ごしているのを知られるのが恥ずかしい」など、さまざまな心理がありそうです。

2016年11月9日〜2016年11月29日までの21日間の調査、589人が回答

【独身女性限定】③最高に理想の男性と過ごせるならいくら払えますか?

クリスマスの夜に理想の人と過ごすことの価値を聞いてみました。
結果は、「10万円以上」216人(41%)、「お金は払いたくない」187人(35%)と両極に回答が分かれました。


まず、「お金は払いたくない」と回答する人が多かった点については、「クリスマスの大事な人との夜はお金に替えられるものではない」という心理が読み取れます。

一方で、「10万円以上」が最多を占めたのは、「クリスマスの夜は、とても貴重なもの。お金を払うのも惜しくない」という考えの反映と推測します。

2016年11月16日〜2016年11月29日までの14日間の調査、529人が回答

【独身女性限定】④クリスマスプレゼント、どのくらいの金額のものがほしい?

本当のところ、どのくらいの金額のものをプレゼントとして欲しいかを聞いたところ、「50万円以上」が最多265人(66%)を占める結果となりました。
大きく差を開けて、「1-3万円」41人(10%)、「0-1万円」35人(8%)が続きました。


50万円以上が最多となった背景として、「クリスマスは特別な日で、クリスマスプレゼントにも夢を抱いている」と考える女性が多数を占めていると予想されます。

2016年11月23日〜2016年11月29日までの7日間の調査、397人が回答

愛カツについて


愛カツ(あいかつ)サイトはこちら

愛カツはこれまで多くの恋愛の専門家たちによる「婚活・恋愛」に関する情報やコラムを掲載しており、現在、『Yahoo! BEAUTY』『TRILL』『ネタりか』『LINEニュース』『女子SPA!』『マイナビウーマン』『モデルプレス』『Google』『Gunosy』等、多くのメディアへの記事提供を行っています。

さらに専門家による「恋愛相談」、結婚相談所への資料請求ができる「愛カツ結婚相談」などのコンテンツも併設、加えて東京・赤坂に企画店舗として「リアル恋愛相談BAR」をプロデュースしました。(※現在は企画終了)
著名人をゲストに迎えた「実践婚活セミナー」の開催などWEB&リアルの総合的なクロスメディア展開を行い、婚活/恋愛業界において常に新しい試みにチャレンジしています。

恋愛結婚学研究所


恋愛結婚学研究所サイトはこちら

機関名称:恋愛結婚学研究所 (Love and Marriage Research Institution)
研究所長: 新上 幸二
活動内容:

  • 各分野の専門家による恋愛・結婚に関する学術的研究
  • 各種団体/企業との共同研究
  • 研究成果の定期的な発表



出典: 愛カツ