家族でも楽しめる世界のカジノリゾート

ブッキング・ドットコム・ジャパン株式会社は、
「ラスベガスへの旅行目的トップ10」
「マカオへの旅行目的トップ10」
「家族でも楽しめる世界のカジノリゾート」をまとめ発表しました。


「ラスベガスへの旅行目的トップ10」「マカオへの旅行目的トップ10」

世界3大カジノリゾートと言えばラスベガスマカオモナコ
近年ではシンガポールもカジノビジネスが盛り上がっています。
どのエリアもカジノには年齢制限はあるものの、周辺には家族でも楽しめる宿泊施設やエンターテインメントレジャー施設が充実しています。

そこで、ブッキング・ドットコムでは、「ラスベガスへの旅行目的トップ10」「マカオへの旅行目的トップ10」を調べ発表しました。
このデータは、ブッキング・ドットコムの9,900万件以上あるクチコミを元に算出しています。

順位 ラスベガスへの旅行目的トップ10 マカオへの旅行目的トップ10
1. エンターテインメント ギャンブル
2. ギャンブル 食事
3. ナイトライフ リラックス
4. 買い物
5. 食事 グルメフード
6. 観光
7. 雰囲気 建築
8. レストラン エンターテインメント
9. 人間観察 歴史
10. シティウォーク 屋台

両エリアとも充実した「ギャンブル」を楽しみにしている方が大多数ですが、共に「食事」「買い物」「観光」といった家族で楽しむことを目的としている方も多く見られます。

また、マカオにおいては、「建築」「歴史」「屋台」など、土地ならではの観光を目的に訪れる旅行者も多いという結果となりました。

人気カジノリゾートとおすすめ施設11選

カッコ内は実際に宿泊施設に泊まったユーザーだけが投稿できるクチコミによるレビュースコアです。(2016年8月1日時点)
本データの詳細につきましては、開示しておりません。予めご了承くださいますよう宜しくお願い申し上げます。

マカオ:日本から一番近い「カジノの街」

  1. ザ・パリジャン・マカオ (New)
    この秋(9月13日0マカオにパリをテーマとした新しいラクジュアリーホテルがグランドオープンします。
    カジノに加え、巨大ショッピングモールやショー、子供も大人も楽しめるアクアワールドも併設されます。
    ブッキング・ドットコムでは、8月2日より、予約ができるようになりました。

  2. ザ ベネチアン マカオ リゾート ホテル (8.5)
    マカオで最も評価の高い宿泊施設の一つで、施設内にはパフォーマンスが行われる広場やゴンドラが行きかう運河が存在します。
    ベニスの街をイメージしたエリアには300以上のショップが軒を連ねる巨大なショッピングモールとなっており、長時間楽しむことができます。

  3. サンズ マカオ ホテル (8.7)
    ラスベガス風のカジノとしてマカオで初めて2004年にオープンした「サンズ マカオ ホテル」は、フェリーターミナルから近く、便利なロケーション。
    子供から大人までが満足できる種類豊富な「888グルメプレイス」があります。

  4. シティ オブ ドリームズ クラウン タワーズ マカオ (9.3)
    マカオのコタイ・ストリップにあるシティ・オブ・ドリームス内に位置するこのゴージャスなホテルは、タイパの文化的遺産の一つとされている『タイパ・ハウス・ミュージアム』まで徒歩10分の距離にあり、昼間は家族で散策しながら当時のポルトガル人の暮らしぶりを感じる旅も良いでしょう。

ラスベガス:カジノで世界一有名な目的地

  1. スカイロフツ アット MGM グランド (9.5)
    世界各地で「カジノ」で一番有名な場所と言えば「ラスベガス」ですが、その中心部に宿泊して、家族全員でエンターテインメントを楽しむ休暇はいかがでしょうか。
    食通にもおすすめのMGM Skyloftsのバトラーサービスは24時間対応で、Craftsteak、Joel Robuchonなどのレストランでお好みの席を予約可能です。

  2. ウィン ラスベガス (9.1)
    スパ、オアシススタイルのプール、様々な高級ブランドショップと共に、モダンでエキゾチックな滞在を提供している大満足な豪華リゾートホテルです。
    プールサイドでのブラックジャックなど、各種テーブルゲームも用意されています。

  3. マンダリン オリエンタル アット シティーセンター ラスベガス (9.4)
    全客室からラスベガス市街、またはラスベガス・ストリップの景色が望めるという最高のロケーション。
    ここはホテル内にカジノは存在せず、超高級ショッピングモールCrystalsに隣接しており、滞在中は飽きることなく楽しめます。

シンガポール:2010年に解禁になった新しいカジノスポット

  1. ホテル バガボンド シンガポール セントラル ヘリテージ ディストリクト (9.1)
    フランスの有名デザイナーであるジャック・ガルシアがデザインを手がけており、シンガポール中心部にありながらパリ風な建物を満喫できます。
    徒歩圏内にはリトル・インディアやカンポン・グラムという、家族の思い出を作るには最高の立地です。

  2. ザ フラートン ベイ ホテル シンガポール (9.3)
    高級ホテルならではのローズウッドとクローム仕上げの内装が上品な空間を作り出しています。
    青空を眺めながらフィットネスセンターで運動や、併設のホットタブでくつろげる他、週末/祝日にはセンターポイント・ショッピングセンター等の行きの無料シャトルバスも運行しています。

モナコ:カジノと同時にF1、WRCラリー・モンテカルロで知られるセレブな街

  1. ホテル メトロポール モンテカルロ (9.1)
    1886年に19世紀の宮殿をイメージして造られたというゴージャスな5つ星施設でありながら、温かいもてなしが受けられるという最高のホテル。
    子供から大人まで魅了する、カール・ラガーフェルドがデザインしたプール「オデッセイ」など、見どころもたくさん。

  2. モンテ カルロ ベイ ホテル & リゾート (8.9)
    Larvotto半島に位置した4ヘクタールの庭園に囲まれたシーフロントの宿泊施設で、レストラン4軒、カジノ、900m²のスパ、滝のあるラグーン、ホットタブという夢のひと時を提供してくれる、まさに家族で楽しめる施設が充実しています。

日本におけるブッキング・ドットコム

2009年に渋谷に最初のオフィスを開設。
現在約230名の従業員が日本国内のオフィスで働いており、内130名がインハウスのカスタマーサービスのスタッフです。
国内に、6つのオフィス(東京に2ヶ所、大阪、福岡、札幌、沖縄)があります。
現在、国内では約8,500軒の宿泊施設の予約が可能(2016年7月時点)です。

Booking.com(ブッキング・ドットコム)について

ブッキング・ドットコムは、ホテルをはじめとする様々な宿泊施設のオンライン予約における世界的なリーダーです。
独立系の小規模宿泊施設から5つ星の豪華ホテルまで、お客様の旅行スタイルやニーズに合った宿泊施設を、最安値保証かつ予約手数料無料でご提供しています。

当社の予約サイトは、42ヶ国語に対応しており、パソコン、スマートフォン、タブレットなど様々なデジタル機器からいつでもどこでもアクセス可能で、224の国と地域、9万4,000ヶ所以上の目的地、そして100万軒以上の宿泊施設(うち約49万8,000軒は長期滞在型宿泊施設)の宿泊予約が可能です。

また、実際に宿泊施設に泊まったユーザーだけが投稿できるクチコミを9,900万件以上掲載しており、観光・レジャー、ビジネスでのご利用と幅広いお客様のニーズに対応する宿泊予約サイトです。
19年を超える経験をもとに、世界各国・176のオフィス、1万1,000名以上の社員、日本語を含む多言語で対応する24時間対応のカスタマーサービスが、お客様に最高の宿泊体験を提供するべく日々努力しています。

1996年に設立した、Booking.com B.V.はBooking.com™の運営会社で、The Priceline Group(NASDAQ: PCLN)グループのメンバーです。
さらに詳しい情報は、http://www.booking.comをご参照ください。
また、Twitter、Instagram、Facebook、Pinterestの公式アカウントを開設しています。


出典 Booking.com Japan K.K.