20代~40代「主婦パートの働き方に関する調査」

株式会社アイデムの人と仕事研究所では、パート・アルバイトで働く20代~40代の既婚子持ち女性356名を対象に、「主婦パートの働き方に関する調査」を実施しました。
主婦パートの個人年収、配偶者控除の適用ライン「103万円以下」が61.2%


調査結果(一部抜粋)

1週間の労働時間

「週20時間以下」 48.6%
1週間の所定労働時間を聞くと、

  • 「週20時間以下」 48.6%
  • 「週20時間超~30時間以下」 33.7%
  • 「週30時間超~40時間以下」 15.2%
  • 「週40時間超」 2.5%

となり、半数近くが「週20時間以下」で働いていることがわかった。

個人年収

個人年収「103万円以下」 61.2%、多くが配偶者控除を意識か
昨年1年間のおおよその年収を聞くと、61.2%が「103万円以下」と回答し、多くが配偶者控除を意識していることがうかがえる結果となった。

次点は、「103万円超~130万円未満」で20.8%となっており、社会保険の被扶養者となれる収入を意識している者も多い。

税・社会保険制度が廃止されたら働き方をどうするか

配偶者控除・第3号被保険者制度、制度廃止なら「働く時間を増やす」45.5%
もし配偶者控除や第3号被保険者などの税・社会保険制度が廃止となったら、働く時間をどのように変えるかを聞いた
(回答者の多くが年収130万円以下であることを踏まえると、配偶者控除の廃止を年頭において回答している可能性が高い)。
45.5%が、「働く時間を増やす」と回答しており、「103万円の壁」「130万円の壁」が実際に“壁”として作用していることが見て取れる。
一方、「わからない」という回答も20.2%に上り、対応に迷っている様子もうかがえる。

調査概要

調査対象 パート・アルバイトで働く20代~40代の既婚子持ち女性
調査方法 インターネット調査
調査期間 2016年5月27日~28日
有効回答 356名

詳細な調査結果はこちら

出典 株式会社アイデム